カテゴリ:赤ワイン( 12 )   

Le haut-Medoc de Giscours レ・オーメドック・デ・ジスクール 1995   

2006年 11月 24日

d0047301_6581787.jpg

値段:Euro 14.50
購入先:De wijnschuur (アムステル川沿いのワイン小屋)

「神の雫」って漫画本。ワイン好きな人はきっと知ってるワイン漫画(そんなカテゴリーあんのか?)この本に載ったワインは必ず売切れてしまう、というくらい人気の漫画。実際この本に載ってるワインを日本のネットショッピングサイトで検索すると、バカみたいに売れてる。じゃあ、こっちで何本か買ってかえればお得かも?って思ってワイン屋に行って、この本に載っていたワインを何本かリストアップして見せたら、なんか張り切って色々出してくれた。リストに載ってた10本のうち、2本しか店にはなかったけど、リストに載ってるワインと同じような種類のワインで、かつ、お得なワインを6本ほど持ってきてくれた。そういう風に出されると「これはいいです。」と断ることの出来ない私、「じゃあこれ全部下さい」って大人買いしちゃったよ。(苦笑)

で、このジスクールは、本に載ってるワインの一つ。なんでも3級に格付けされている超有名シャトー・ジスクールが、オー・メドックで作っているワインなんだってさ。シャトー・ジスクールも飲んだことがないから、どんなもんなのか良くわからんけど、有名シャトーのセカンドワインってのは大体失敗がなくて値段もお得ってことらしい。実際飲んでみてもすごくおいしかった。「95年だからデキャンタージュはいらないよ」と言われていたので、そのまま飲んだ。口当たりはかなり軽くてさらっと入っていくけど、ちゃんとコクがあったし果実味もしっかりしてる。飲み頃になってるはずなのにまだ少し硬い感じもしたから、もっと寝かしてもおいしいかも。値段もお手ごろだし、箱買いしようかなぁ~。

☆☆☆☆ 超おすすめっ!
[PR]

by nekobeya777 | 2006-11-24 06:57 | 赤ワイン

Novello解禁!   

2006年 11月 15日

d0047301_18252614.jpg

銘柄:Novello・Fantinel社
買った場所:ウェストバイクの酒屋
値段:4.95

d0047301_1825972.jpg

銘柄:Stelutis Novello・Friulvini社
買った場所:フェーンの鶏肉屋
値段:4.95

ボジョレーヌーボーは11月の第三木曜日解禁だけど、イタリアのノヴェッロは11月第一月曜日解禁なんだって。まあ、基本的にボジョレーと同じ位置のノヴェッロ。とりあえず2本買って飲んでみました。それぞれ違う日に一杯ずつ飲んだんで、比べるのは難しいけど、どちらも新酒ならではの若々しい、フルーティーな果実味あふれるフレッシュな味でした。

この時期しか飲めないお酒です。値段もお手ごろだし、お店でNovelloと書かれたワインを見つけたらぜひお試しください~。
[PR]

by nekobeya777 | 2006-11-15 18:38 | 赤ワイン

Beaujolais Villages Nouveau Ropiteau Freres 2005   

2005年 11月 18日

d0047301_18144041.jpg

買った場所:ウェストバイクの酒屋
値段:7.95

今年のボジョレーはかなりいい出来だと聞いて、たとえ妊娠中でも、飲まないわけにはいかん!と勢い込んで買いに行きました。ところが、酒屋に入って店の中を見回してもボジョレーらしきワインは見あたらない。もしかしてオランダでは「ボジョレー解禁日当日にボジョレーを飲む!」なんて人はいないからお店も解禁当日に仕入れなんてしてない?なんてちょっとあせったけど、お店の人に聞いたら「もちろんありますよ!」と、3種類持ってきてくれた。私がちゃんと見なかっただけで、お店の外に山積みになってたよ。オランダ人も一応ボジョレー解禁日!ってわかってるんだね。(そりゃそうか)持ってきてくれた3種類のボジョレーヌーボーは全て値段は一緒。どれにしようか迷っていたら、「何と一緒に飲むの?」と聞かれたので、「子牛のカツレツと一緒に。」と言うと、「子牛ならフルーティーすぎず、でもすっきりとした味わいのこのワインだね。」と3種類の中から一本を選んでくれた。こういうアドバイスはいいねぇ。

さて、お味。若々しいフレッシュな香りと、柔らかい丸みのある味。ボジョレーヌーボーは若すぎて時々味がとてもシャープでとげとげしてたりすることがあるけど、このワインはそれよりはもう少し熟成されているような味がした。お店の人が言ったとおり、それほどフルーティーすぎず、でもさっぱり、すっきりとした味わいで、とても飲みやすかった。軽いので、ぐびぐび飲めちゃうので、危険。一応妊婦なのでなんとかグラス二杯で我慢しました。(笑)でも、むろは「えー、うまくない~。」と言っていたから好みはあるんだろうな。まあ、ボジョレーヌーボーというものは「むちゃくちゃうまい!」と感動するようなワインではないし、所詮テーブルワインクラスなのよね。でも、私はボジョレーヌーボーの、この若々しい、いかにもブドウです、って感じが結構好きだな。

日本のサイトでこのワインを検索したら2700円で売っていた。航空運賃が加算されているから、仕方のない値段だとは思うけど、でも2700円でこの味だったらちょっとショックだな~。そうやって考えると、日本に帰ってからボジョレーヌーボーを買おうって気にはならないかもなぁ。
[PR]

by nekobeya777 | 2005-11-18 18:15 | 赤ワイン

Chateau Beaumont 2001   

2005年 08月 24日

d0047301_18425346.jpg

買った場所:DIRK Ⅲ
値段:13.99

DIRK Ⅲってのは、オランダの安い酒屋。多分チェーン店。駐在員がたくさん住んでいるアムステルフェーンにもあって、日本人駐在員の間で「水屋」と呼ばれているらしい。赴任してくると必ず前任者に「お水とお酒はここで買って・・。」といわれるんだそうだ。だから「水屋」と呼ばれているらしいが誰がいつごろからそう呼び出したかは定かではない。んで、初めてこの前そのお店に行って、何気なくワイン棚を見ていた。安い酒屋だけあってそれほど高いワインは置いてないのだが、このワインはちょっと「高そう」なラックに置かれていた(いわゆる山積みにはなってないというだけだけど)。「そういえばHaut-Medocって最近飲んでないなぁ。」と思って買った一本。この店にしては高い部類に入るワインだ。

栓を抜いて、グラスに入れてびっくらこいた。まるで水溶き片栗粉でも入っているようなとろみが。グラスの中でくるくる液体を回してみると「とろん、とろん」と揺れる。一口飲むとプラムのような赤い熟した果実の渋み、そして甘さ。重いのでそれほどぐいぐいいけないが、うんまーいざんす。口の中にいつまでも香りと甘さが残る、かなりよろしいお味でした。調べてみたらこのXhateau Beaumontはなかなかの名門ワイナリーだそうで。ちなみに20年くらい前からサントリーと提携しているそうだ。道理で日本の値段も2000円前後とお手ごろ価格。これは、覚えておいて損のないワインだと思います。

★★★★(とろみがたまらん!)
[PR]

by nekobeya777 | 2005-08-24 17:28 | 赤ワイン

Jaffellin Fleurie 2003   

2005年 07月 11日

d0047301_16371020.jpg

買った場所:Hanos
値段:11.50ユーロ

Fleurieといいますと、ボジョレーヌーボーも作られているところ。このワインも、ボジョレーヌーボーを髣髴とさせる、軽くてものすごくフルーティーなワイン。ラベルに「冷やして飲んでね♪」って書いてあったのを、コルク抜いて一杯飲んでから気がついたので慌ててワインクーラーで冷やしてみた。すると更にフルーティーさや花の香りが強くなった。夏お勧めのワインだわ。

ちなみにこのJaffelinってドメーヌはブルゴーニュでは名門ドメーヌとして有名らしく、ここが出してる「モンラッシェ・ジャフラン」という白は「辛口白ワインの帝王」って言われてるんだって。飲みたい!と思ってネットサーチしたらすんごく高くてびっくり。日本で4万とかするのよ。こりゃダメだ。私はこっちで我慢しよう。

★★★★(おいしいボジョレーヌーボーみたい)
[PR]

by nekobeya777 | 2005-07-11 16:39 | 赤ワイン

Yellow Tail, Chardonnay   

2005年 07月 11日

d0047301_349566.jpg

購入した場所:Super De Boer
値段:4.99 ユーロ

近所のスーパーで買った白ワイン。このYellow Tailって日本でも赤白両方出てるけどラベルがかわいいので気にはなっていたのよね。今回は白を買ってみました。まず飲んでみてバニラの味と香りに驚いてそれから後の方にやってくるココナッツっぽい味にも驚いた。バニラエッセンス入れてるんじゃないの?ってくらい強いバニラな味。でも程よい酸味と程よい甘さで、テーブルワインとしてはまあまあじゃないでしょうか。バニラな味がダメな人はダメかもね。私は基本的にバニラ好きじゃないけどこのワインは大丈夫かな。何よりも値段が安いしね。

★★★(安いっ!)
[PR]

by nekobeya777 | 2005-07-11 16:10 | 赤ワイン

Chateau la fleur chaigneau vieilles vignes 2001   

2005年 05月 17日

d0047301_23154545.jpg
買った場所:リエージュのカルフール
値段:覚えてないけど10ユーロくらいだったと思う。

最初に言っときましょう。星五つです!ぱちぱちぱち。ほんとに、おいしかった。樽のにおいなのかな?木のにおいがする。熟した果実のような香りもする。一口飲むと、丸みと力強さを感じる。なんて表現したらいいのかわかんないけど、うんまあああああい。

このワインの産地であるラランド・ポメロルはサンテミリオンとポメロルの北にある。二つの伝統的な有名ワイン産地にはさまれたこの場所は比較的若い人たちがワインを作っているそうだ。地味な地名ですが、ここで出来るワインは他の高級ワインにも全然引けをとらないよ。お店の人が言ってたけど、ラランド・ポメロルはサンテミリオンと同じ土・同じ葡萄だから、同じくらいおいしいんだって。でも知名度がない分安いんだそうだ。

ポメロルのワインは早く熟成する事で知られているけれども、この2001年も十分飲み頃。本で調べたらあと5年から10年は熟成を楽しめるって。もう1、2本かっときゃ良かったよ~。とにかくお勧めの一本です。

★★★★★(むちゃくちゃうまいっ!メルロー大好き♪)
[PR]

by nekobeya777 | 2005-05-17 23:28 | 赤ワイン

Evans & Tate Gnangara 2001 Shiraz   

2005年 05月 12日

d0047301_177572.jpg
買った場所 アムステルダムのワイン専門店
値段 10.25 ユーロ

オーストラリアワインの赤といったら、シラーズ。「そんなん、しらーず♪」とは母の口ぐせ。口ぐせになるほどうちの母はシラーズがお好き。ところであの人はシラーズというのは葡萄の品種ということを知っているのだろうか・・。多分メーカーの名前だと思ってるな、あれは。ま、それはおいといて、このEvans&Tateというワイナリーで有名なのはマーガレットリバーというワインで、そのワインは過去にオーストラリアのワイン大会で何個も賞を取ったらしいですが、このナンガラシラーズはテーブルワイン系かな。シラーズ特有の胡椒のようなピリッとした感じが強いワイン。酸味も強いけど、結構軽い。かなりぐいぐい飲めちゃううまさ。赤肉料理にぴったり合いそうです。オーストラリアワインだけに、バーベキューとかグリル系に合いそうだわ~。でもテーブルワインにしてはちょっと高いな。

コストパフォーマンスを考えて
★★★
[PR]

by nekobeya777 | 2005-05-12 07:04 | 赤ワイン

Marques de Riscal Reserva 2000 Rioja   

2005年 05月 12日

d0047301_6544366.jpg
買った場所 Macro
値段 Euro 10.55

甘酸っぱくてまろやか。柔らかい感じ。少しスパイスの味がする。コショウ?とってもスモーキーで、さくらの木のスモークみたい。飲んだ瞬間「あ、桜餅!」って思わず言ってしまった。まだ若いのでもう少しおいておくと、もっと熟成されていいかも。ボトルに編みタイツ(?)が貼ってあるのが高級感があっていいわ~。(笑)日本でもこの会社のワインは有名らしくて結構ネット販売もされていた。日本での値段は1500円から2000円。こっちだと10.55ってことは、あんまりかわんないなぁ。

★★★★(かなりうまいよ)
[PR]

by nekobeya777 | 2005-05-12 06:56 | 赤ワイン

Rioja Senorio De Arizaga/Crianza   

2005年 05月 11日

d0047301_23343947.jpg
買った場所 アムステルダムのワイン専門店
値段 6.75ユーロ

留学していたときに出会ったスペイン人の友人に「スペインでおいしい赤ワインを飲みたいと思ったらリオハを買えば大体間違いはないよ。」と教えてもらったリオハのワイン。実際、安いものを買っても、「大失敗!」となったことはない。(白はいまいちなのが多いけど)Crianzaというのは「収穫から2年以上経っていて、その中でも樫樽での熟成が1年以上(白ワインの場合は半年以上)であり、その後、瓶内で熟成をしたもの。」と、とあるワインサイトに書いてあった。私が飲んだこのワイン、色がとても濃い赤で、甘くてちょっとチョコレートというかココアの香りがした。とてもしっかりした味。大変おいしゅうございました。

★★★★
[PR]

by nekobeya777 | 2005-05-11 23:35 | 赤ワイン